京都東山 旅館坂の上 | イベント |

home
京都おすすめイベント
周辺観光地
イベント情報

 


2月


おすすめ情報

第44回 京の冬の旅

  
日  程:2009年12月1日(火)〜2010年3月22日(月・祝)
◆非公開文化財特別公開〜幕末と世界遺産に出会う冬〜 14箇所
◆定期観光バス特別コース
◆京都の奥深い上質な魅力に出会う 観光プラン 京都「千年の心得」
◆京の冬の食文化キャンペーン 食遊菜都2010・冬
◆京の冬の旅 キャンペーンイベント
  
お問合せ:京都市観光協会 TEL 075(752)0227
詳細はこちら>>

京の節分風景

● 洛東 ●
狸谷節分祈願祭
日  時:2月3日(水)
場  所:狸谷山不動院
内  容:厄除け開運大護摩祈祷と星まつり祈祷が11時30分、13時、14時30分の3回行われます。
お問合せ:【狸谷山不動院】 TEL 075(722)00
交  通:左京区一条寺松原 市バス5「一乗寺下り松町」
聖護院節分会
日  時:2月2日(火)・3日(水)
場  所:聖護院
内  容:本尊不動明王(重文)は智証大師作と伝えられ、当日に限り一般に公開。山伏問答など修験道独特の作法も興味深いものです。追儺式は3日13時から。
お問合せ:【聖護院】 TEL 075(771)1880
交  通:左京区聖護院中町 市バス206「熊野神社前」
吉田神社節分祭

images 

日  時:2月2日(火)〜4日(木)
場  所:吉田神社
内  容:2日18時より、平安時代から宮中で行われてきた古式による追儺式が行われます。同じ日に行われる疫神祭は、当神社独特の厄除け法で、厄塚により一年の無病息災を祈願するもの。3日23時からの火炉祭お札焼きは、直径5m、高さ5mの火炉に浄火より点じ焚きあげられる神事です。
※4日は神事のみで露店はでません。
お問合せ:【吉田神社】 TEL 075(771)3788
交  通:左京区吉田神楽岡町 市バス206「京大正門前」
節分祭
日  時:2月2日(火)・3日(水)
場  所:須賀神社・交通神社(須賀神社内)
内  容:2日15時より追儺招福豆まき祭りが行われます。
お問合せ:【須賀神社・交通神社】 TEL 075(771)1178
交  通:左京区聖護院円頓美 市バス206「熊野神社前」
平安神宮節分祭

images 

日  時:2月3日(水)
場  所:平安神宮
内  容:大儺(だいな)の儀は、平安朝当時、宮中の年中行事として行われていた追儺式の古式を復元したものです。福豆まきは15時より。
お問合せ:【平安神宮】 TEL 075(761)0221
交  通:左京区岡崎西天王町 市バス5「京都会館美術館前」
八坂神社節分祭

images 

日  時:2月2日(火)・3日(水)
場  所:八坂神社
内  容:つの花街のきれいどころの舞踊奉納と豆まきが行われます。
〜舞踊奉納と豆まき〜
 2日 13時 先斗町  15時 宮川町
 3 日 13時 祇園甲部  15時 祇園東
〜今様の奉納〜
 3日 11時
お問合せ:【八坂神社】 TEL 075(561)6155
交  通:東山区祇園町北側 市バス206「祇園」
節分厄除大祭
日  時:2月3日(水)
場  所:日向大神宮
内  容:16時より諸祈願成就祈祷の献火神事が行われます。境内にある“天の岩戸”を節分に通りぬけることで、厄難消除になるという珍しい「ぬけ参り」の風習があります。
お問合せ:【日向大神宮】 TEL 075(761)6639
交  通:山科区日ノ岡一切経谷町 地下鉄東西線「蹴上」
六波羅蜜寺節分会
日  時:2月3日(水)
場  所:六波羅蜜寺
内  容:15時頃より行われる六斎念仏は開山空也上人の念仏踊りより千年来の伝統を持つ重要無形民俗文化財です。
お問合せ:【六波羅蜜寺】 TEL 075(561)6980
交  通:東山区五条通大和大路上ル東 市バス206「清水道」
● 洛南 ●
鬼やらい神事

images 

日  時:1月31日(日)
場  所:石清水八幡宮
内  容:洛南の古社に伝わる古式の行事は節分の前の日曜日に行われます。本殿前で本桃弓で四方が射られ、本桃剣にて四方が打たれます。その後境内に現れた鬼に豆が撒かれます。
お問合せ:【石清水八幡宮】 TEL 075(981)3001
交  通:八幡市八幡高坊 京阪電車「八幡市」
藤森神社節分祭

images 

日  時:2月3日(水)
場  所:藤森神社
内  容:甘酒の無料接待が終日あり、鬼の登場、年男による豆まき、雅楽と舞楽の奉納があります。追儺式は20時より行われます。
お問合せ:【藤森神社】 TEL 075(641)1045
交  通:
伏見区深草鳥居崎町 JR奈良線「藤森」、京阪電車「墨染」
節分祭
日  時:2月3日(水)
場  所:伏見稲荷大社
内  容:9時から祭典の後、3回の豆まきがあり(予定)、広い境内が終日賑わいます。
お問合せ:【伏見稲荷大社】 TEL 075(641)7331
交  通:伏見区深草藪之内町 JR奈良線「稲荷」、京阪電車「伏見稲荷」
  
● 洛中 ●
追儺式・鬼法楽
日  時:2月3日(水)
場  所:廬山寺
内  容:15時頃より中国から伝来したと伝えられる鬼踊りが始まります。数多い節分行事の中でも独特のおもしろさを持ち、親しまれています。
お問合せ:【廬山寺】 TEL 075(231)0355
交  通:上京区寺町通広小路上ル 市バス17・205「府立医大病院前」
強運節分会
日  時:2月2日(火)・3日(水)
場  所:千本ゑんま堂(引接寺)
内  容:厄除けこんにゃく炊き(400円)は有名。3日の夜は「ゑんま堂念仏狂言」が奉納されます。
お問合せ:【千本ゑんま堂】 TEL 075(462)3332
交  通:上京区千本通廬山寺上ル 市バス206「千本鞍馬口」
おかめ節分祭
日  時:2月3日(水)
場  所:千本釈迦堂(大報恩寺)
内  容:15時より茂山社中による狂言の奉納が行われ、その後、紅白のおかめ装束をした男女が、福徳円満、お多福招来等の祈願を受けて一年の厄除けをします。
お問合せ:【千本釈迦堂(大報恩寺)】 TEL 075(461)5973
交  通:上京区七本松通今出川上ル 市バス50「上七軒」
壬生寺節分会
日  時:2月2日(火)〜4日(木)
場  所:壬生寺
内  容:炮烙奉納、お練り供養、大護摩供養、厄除け護摩祈祷、星祭と祭事は多彩です。
壬生狂言は2・3日13時より8回行われ、料金は無料です。
お問合せ:【壬生寺】 TEL 075(841)3381
交  通:中京区坊城仏光寺下ル 市バス26「壬生寺道」
北野天満宮節分祭
日  時:2月3日(水)
場  所:北野天満宮
内  容:追儺式では、午後1時より、狂言が茂山千五郎社中により行われ、その後、上七軒歌舞会による日本舞踊、そして最後に豆まきが行われます。
お問合せ:【北野天満宮】 TEL 075(461)0005
交  通:上京区馬喰町 市バス50「北野天満宮前」
  
● 洛西 ●
節分祭
日  時:2月3日(水)
場  所:平岡八幡宮
内  容:笹酒・甘酒の無料接待があり、18時より始まる星祭では厄除札、福豆、長寿飴などの授与があります。
お問合せ:【平岡八幡宮】 TEL 075(871)2084
交  通:右京区梅ケ畑宮ノ口町 JRバス「平岡八幡宮前」
不動堂開扉法要
日  時:2月3日(水)
場  所:金閣寺
内  容:節分の日、秘仏の弘法大師作と伝えられる石不動明王の法要が営まれます(午前11時頃)。法要の後に開扉が行われ、不動堂の参拝ができます。
お問合せ:【金閣寺】 TEL 075(461)0013
交  通:北区金閣寺町 市バス101・205「金閣寺道」
天龍寺七福神めぐり
日  時:2月3日(水)
場  所:天龍寺
内  容:総門前で福笹(2,500円)を受け、境内の塔頭七カ寺のお札を受けに廻ります。三秀院から始まり、弘源寺、慈済院、松巌寺、永明院、寿寧院、妙智院と…。総門以下諸堂宇が建ち並ぶ、広い境内を楽しむ一日となります。甘酒無料接待もあります。
お問合せ:【天龍寺】 TEL 075(881)1235
交  通:右京区嵯峨天竜寺芒ノ馬場町 市バス28「嵐山天龍寺前」

トピックス

十六社朱印めぐり
日  時:1月1日(金・祝)〜2月15日(月)
内  容:京都の街中古社16神社を年頭に巡拝することにより、一年間、あらゆるご利益が得られると信じられています。京都の町に点在する各神社を巡ると、京の街を隅々まで歩くことになり、格好の京都探訪にもなります。期間中16社全部の朱印をお受けの方には記念の干支置物が授けられます。(予定)
授 印 料:300円(1社につき)
◆洛 北◆
場所:今宮神社
ご利益:開運隆昌 健康長寿 良縁開運
交通:市バス206「船岡山」 TEL:075(491)0082

場所:わら天神宮
ご利益:安産 厄除 家内安全
交通:市バス205「わら天神」 TEL:075(461)7676

◆洛 中◆
場所:御霊神社 ごりょうじんじゃ こころしずめ
ご利益:厄除 学業成就
交通:地下鉄烏丸線「鞍馬口」
TEL:075(441)2260

場所:西院 春日神社
ご利益:厄除 病気平癒 交通旅行安全
交通:市バス205「西大路四条」
TEL:075(312)0474

場所:六孫王神社 ろくそんのうじんじゃ
ご利益:出世開運 家運隆昌
交通:市バス16「六孫王神社前」
TEL:075(691)0310

場所:市比賣神社 いちひめじんじゃ
ご利益:女人厄除
交通:市バス17・205「河原町五条」
TEL:075(361)2775

◆洛 東◆
場所:岡崎神社
ご利益:厄除 安産 子授け
交通:市バス5「東天王町」
TEL:075(771)1963

場所:熊野神社
ご利益:縁結び 安産 病気平癒
交通:市バス206「熊野神社前」
TEL:075(771)4054

場所:若王子神社 にゃくおうじじんじゃ
ご利益:学業成就 商売繁昌
交通:市バス5「南禅寺・永観堂道」
TEL:075(771)7420

場所:豊国神社 ほうこくじんじゃ
ご利益:出世開運 厄除招福 家内安全 商売繁昌
交通:市バス206・208「博物館三十三間堂前」
TEL:075(561)3802

場所:粟田神社
ご利益:旅立ち守護 厄除
市バス5「神宮道」
TEL:075(551)3154

場所:新熊野神社 いまくまのじんじゃ
ご利益:健康長寿 病魔退散 お腹守護
交通:市バス208「今熊野」
TEL:075(561)4892

◆洛 南◆
場所:吉祥院天満宮 きっしょういんてんまんぐう
ご利益:知恵と能力開発の神さま 受験合格 開運招福
交通:市バス78「西大路九条」
TEL:075(691)5303

場所:藤森神社
ご利益:勝運と馬の神様
交通:京阪電車「墨染」
TEL:075(641)1045

場所:御香宮神社 ごこうのみやじんじゃ
ご利益:安産 厄除 病気平癒
交通:近鉄京都線「桃山御陵前」
TEL 075(611)0559

場所:長岡天満宮
ご利益:学問の神様 合格祈願 厄除開運
交通:阪急電車「長岡天神」
TEL:075(951)1025
お問合せ:吉祥院天満宮 TEL 075(691)5303、 御香宮神社 TEL 075(611)0559
公式ホームページ:京都十六社めぐり

'10 京の冬の旅

第31回 京都名流いけばな展
日  時:1月下旬〜3月上旬 6時〜23時
場  所:JR京都駅 新幹線コンコース
内  容:いけばな発祥の地、京都の各流派の花の匠が、心をこめて生けこんだ作品が京の冬を華やかに演出し、ご入洛の方々をお出迎えいたします。
〜出瓶流派〜 池坊・いけばな京花傅・いけばな京楓流・小原流・華道本能寺・京都未生流・清水流・桑原専慶流・香風流・小松流・五明流・嵯峨御流・専敬流・専慶流・草月流・東山未生流・未生流・未生流中山文甫会(18流派)
料  金:無料(新幹線以外でお越しの方は駅入場券が必要)
お問合せ:京都市観光協会 TEL 075(752)0227
第40回 京の郷土芸能まつり 〜都の賑い 祭り・まつり〜
日  時:2月28日(日) 14時〜16時30分
場  所:京都会館 第2ホール
内  容:「京の郷土芸能まつり」40回公演記念
〜京都の念仏狂言〜
京都の地に古くから伝わる伝統ある郷土芸能を一堂に集め、普段は現地でないとご覧いただけない貴重な芸能が、舞台で賑やかに繰り広げられます。
出演念仏狂言
 ・壬生狂言(重要無形民俗文化財)
 ・嵯峨大念仏狂言(重要無形民俗文化財)
 ・神泉苑狂言(京都市登録無形民俗文化財)
 ・千本えんま堂大念仏狂言(京都市登録無形民俗文化財)
料  金:全席指定 1,700円(予約制)
お問合せ:京都市観光協会 TEL 075(752)0227

イベント情報

酒蔵開き
日  時:2月14日(日) 11時〜15時
場  所:伏見銘酒協同組合
内  容:酒の町、伏見ならではの楽しいイベント。冬場の酒造期間に月に一度、酒蔵を公開し、搾りたての新酒を試飲していただけます。会場は、大倉記念館、十石舟の船着き場、寺田屋などの観光の名所、旧跡の近くです。
イベント
搾りたての酒粕の計り売り、鳥せい特製粕汁や酒饅頭・京野菜・酒器・京漬物・京するめ・生花の販売など。
参 加 料:200円(きき猪口小、試飲券付き)
お問合せ:【伏見銘酒協同組合】 TEL 075(612)6006
交  通:伏見区丹後町148-1 近鉄京都線「桃山御陵前」
「寅市 (TORA ICHI)」
日  時:2月14日(日) 10時〜16時
場  所:建仁寺 両足院内 毘沙門天堂
内  容:陶・木・硝子・革・金属・染め・紙・織・石などのジャンルの店が出店します。
お問合せ: 毘沙門天堂手作り市事務局
交  通:東山区大和大路通四条下ル小松町 市バス206「東山安井」
■“梅見”のイベント
枝垂梅と椿まつり
日  時:2月18日(木)〜3月21日(日・祝)
場  所:城南宮
内  容:城南宮の神苑・楽水苑では、「源氏物語」に登場する100余種の草木が四季を装います。神苑内の“春の山エリア”に植栽された150本余の紅白のしだれ梅が2月下旬より咲き揃い、後を追うように300本ものさまざまな椿の花が開花。日毎に春めくお庭はたくさんの人で賑わいます。
※毎日10時と14時には神職の案内もあります。
拝 観 料:500円
お問合せ:【城南宮】 TEL 075(623)0846
交  通:地下鉄烏丸線「竹田」西口より市バス1・2・3「城南宮東口」
梅花祭

images 

日  時:2月25日(木)
場  所:北野天満宮
内  容:2月25日は、祭神菅原道真公の命日にあたり、梅の花をこよなく愛でた道真を偲び祭典が行われます。行われる茶会は、秀吉の北野大茶湯にちなみ、境内の梅苑で野点の席が設けられます。上七軒の芸妓・舞妓さんたちの接待に心なごみ、京の町に春を告げる雅な催しです。宝物殿も特別に公開、またこの日は毎月の縁日・「天神市」の日でもあります。
野点茶席:10時〜15時
茶拝服券:1,500円(宝物殿拝観と御供物付)
お問合せ:【北野天満宮】 TEL 075(461)0005
交  通:市バス50「北野天満宮前」
■梅 見どころ
見ごろは3月上旬頃。その年の気候によって違いがあります。梅苑の公開は早い所で2月上旬頃から始まり、3月上旬から中旬がピークでしょう。
北野天満宮

images 

内  容:梅をこよなく愛した菅原道真を祀る神社は、京都きっての梅の名所。約2000本の梅が植えられていて、種類も花の色も、豊富。名物の老梅は1月に入ると見られ、2月上旬頃から早咲きの梅が咲き、3月いっぱい楽しめます。
見 ご ろ:2月下旬〜3月中旬
入 苑 料:600円(茶菓子付)
お問合せ:【北野天満宮】 TEL 075(461)0005
交  通:上京区馬喰町 市バス50「北野天満宮前」
京都御苑

images 

内  容:蛤御門の南側、250本近くの花の咲揃いは見事です。
見 ご ろ:2月中旬〜3月中旬
お問合せ:京都御苑菅理事務所 TEL 075(211)6348
交  通:上京区京都御苑 地下鉄烏丸線「丸太町」「今出川」
二条城
内  容:本丸御殿の南西にある梅苑は130本。どちらかというと遅咲き気味。
見 ご ろ:2月中旬〜3月上旬
料  金:梅苑:無料(入城料 600円必要)
お問合せ:元離宮二条城事務所 TEL 075(841)0096
交  通:中京区二条通堀川西入二条城町 地下鉄東西線「二条城前」、市バス9・50「二条城前」
勧修寺
内  容:「臥竜の老梅」と呼ばれる梅は江戸時代に京都御所から移植されたもの。
見 ご ろ:2月上旬〜下旬
拝 観 料:400円
お問合せ:【勧修寺】 TEL 075(571)0048
交  通:山科区勧修寺仁王堂町 地下鉄東西線「小野」
隨心院
内  容:広大な境内に小野梅園があり、「はねずの梅」として親しまれ、八重の愛らしい花姿が驚くほどあでやかです。
見 ご ろ:3月中旬〜下旬
入 園 料:400円
お問合せ:【隨心院】 TEL 075(571)0025
交  通:山科区小野御霊町 地下鉄東西線「小野」
しょうざん庭園
内  容:手作りの広大な日本庭園の梅苑では3月6日(土)〜14日(日)に「梅見の宴」が催されます。
見 ご ろ:3月上旬〜3月中旬
入 園 料:480円
お問合せ:【しょうざん庭園】 TEL 075(491)5101
交  通:北区衣笠鏡石町 地下鉄烏丸線「北大路」より 市バス北1「土天井町」
梅宮大社

images 

内  容:約35種、550本の梅が白、紅と咲き揃い、2月11日には甘酒祭が催されます。
見 ご ろ:2月中旬〜3月中旬
拝 観 料:500円
お問合せ:【梅宮大社】 TEL 075(861)2730
交  通:右京区梅津フケノ川町 市バス28「梅ノ宮神社前」
常寂光寺

images 

内  容:2月に入ると盆梅が陳列されます。そののべ数は大小30鉢近くもあり、訪れた人々を楽しませます。
見 ご ろ:2月中旬〜3月中旬
拝 観 料:400円
お問合せ:【常寂光寺】 TEL 075(861)0435
交  通:右京区嵯峨小倉山町 市バス28「嵯峨小学校前」

他、通年行事

湯立神事

images 

日  時:2月1日(月)・3日(水)
場  所:石清水八幡宮
内  容:春を呼ぶ節分行事で、男山五水の一つ「石清水」から汲み上げた御神水を釜で沸かし御神前に献上、神楽女が笹の葉で釜の熱湯を激しく振りまき、厄除け・無病息災・五穀豊穣を祈る伝統神事。
お問合せ:【石清水八幡宮】 TEL 075(981)3001
交  通:八幡市八幡高坊 京阪電車「八幡市」
初午大祭

images 

日  時:2月1日(月)
場  所:伏見稲荷大社
内  容:和銅4年(711年)に祭神が降臨された事にちなむ行事で、「福参り」、「福稲詣で」とも呼ばれ、大変な賑わいとなります。平安の昔は京洛初春第一の祭りでもありました。
お問合せ:【伏見稲荷大社】 TEL 075(641)7331
交  通:伏見区深草藪之内町 JR奈良線「稲荷」、京阪電車「伏見稲荷」
針供養
日  時:2月8日(月)
場  所:虚空蔵法輪寺
内  容:手芸、芸能上達の守護仏として信仰されています。針供養法要は13時より、甘酒の接待もあります。(志納)
お問合せ:【虚空蔵法輪寺】 TEL 075(861)0069
交  通:西京区嵐山虚空蔵山 市バス28「嵐山公園」、阪急嵐山線「嵐山」
世継地蔵尊大祭
日  時:2月8日(月) 9時〜16時
場  所:世継地蔵上徳寺
内  容:立春の後、ご利益の最も多い毎年2月の一億劫日功徳日に催される、ご利生祈念の法要です。世継地蔵は古くから信仰され、各地からの参詣者も多く、子なき人に世継ぎを授けられる霊験あらたかな地蔵菩薩。山伏による紫灯護摩供などが行われ、酒粕汁の接待などもあります。
お問合せ:【世継地蔵上徳寺】 TEL 075(351)4360
交  通:下京区富小路通五条下ル本塩竈町 市バス205「河原町五条」
初午大根焚き法要

images 

日  時:2月11日(木・祝)〜15日(月)
場  所:三千院
内  容:冬の大原の里の三千院はひとしお、荘厳なたたずまい。そんな風景の中で、アツアツの大根を食してみませんか?
護摩堂でご祈祷の後、大原の畑でとれた大根で大根炊きが行われ、無料で参拝者に配られます。
お問合せ:【三千院】 TEL 075(744)2531
交  通:左京区大原来迎院町 京都バス17・18「大原」
阿含の星まつり

images 

日  時:2月11日(木・祝)
場  所:阿含宗
内  容:火の祭典「阿含の星まつり」は燃え上がる聖火がそのまま、龍神様や仏様の姿となって現れ、不幸・不運を焼き尽くし福運招来するといわれています。たくさんの信者の方々が全国から集う、壮大な催しです。
※当日は臨時バス運行の予定(ルートについては未定)。
お問合せ:【阿含宗関西総本部】 TEL 075(761)1141
交  通:地下鉄「四条」より 京阪バス「上花山花ノ岡町」
城南宮七草粥
日  時:2月11日(木・祝)
場  所:城南宮
内  容:新鮮な若菜の七草粥を食し、無病息災を願う。「源氏物語」の若菜の巻にちなみ、春の七草を神前に供え、一般参拝者に七草粥が接待されます。なお、神苑・楽水苑では春の七草が見られます。
七草粥授与 (有料)
お問合せ:【城南宮】 TEL 075(623)0846
交  通:伏見区中島鳥羽離宮町 地下鉄「竹田」より 市バス南1・2・3「城南宮東口」
燃灯祭
日  時:2月19日(金) 14時より
場  所:上賀茂神社
内  容:乙子(おとね)神事とも言われ、平安時代から伝えられている祭事は、昔、人々が春を待ちこがれて野原に出、若菜を摘み、春の到来を尊び宴遊した野辺遊びを神事化したものです。同行して見学することができます。
お問合せ:【上賀茂神社】 TEL 075(781)0011
交  通:北区上賀茂本山町 市バス4・46「上賀茂神社前」、地下鉄烏丸線「北大路」より市バス北3「御薗口町」
五大力尊仁王会

images 

日  時:2月23日(火)
場  所:醍醐寺
内  容:醍醐寺の山上にある五大堂の五菩薩は“五大力さん”とよばれ、衆生済度、現世利益の霊験あらたかであるとされています。当日に限り、災難除身代わり霊符“五大力さん御影”が授与されます。
金堂前広場では、餅上げ力競べ大会が正午より始まり、力自慢が名乗りを上げます。男女に分かれ、五大力餅と呼ばれる巨大な餅を持ち上げて力比べをする競技で、優勝者には、この大鏡餅が授与されます。
お問合せ:【醍醐寺】 TEL 075(571)0002
交  通:伏見区醍醐東大路町 地下鉄東西線「醍醐」
五大力尊法要
日  時:2月23日(火)
場  所:積善院準提堂
内  容:法要が行われ、大般若経の転読は自由に参加できます。山伏による柱源護摩供養の後お札焼きが行われ、 五大力菩薩のご開帳がなされています。盗難除けの御札、お守りの授与があり、粕汁の無料接待もあります。
お問合せ:【積善院準提堂】 TEL 075(761)0541
交  通:左京区聖護院町 市バス206「熊野神社前」

3月


おすすめ情報

嗚呼、楽しき哉、春の夜の散策

京都・東山 花灯路 ― 2010

images 

日  時:3月13日(土)〜3月22日(月・休) 
灯りの点灯時間 18時〜21時30分(雨天決行)
場  所:東山一帯・青蓮院〜円山公園〜清水寺
内  容:灯りと花の路
華やぎと文化が香る、東山のふところ。京都ならではの詩情豊かな早春の宵の催し「東山花灯路」。東山山麓に連なる、南は清水寺から円山公園・八坂神社を通って、北は青蓮院までの散策路約4.6kmを約2400基の露地行灯の「灯り」といけばな作品の「花」で彩り、情緒豊かな京の景観と相まって幻想的な雰囲気を醸し出します。思わず歩きたくなる路が浮かび上がり、訪れた人々に感動を与えます。周辺の寺院・神社では特別拝観やライトアップが実施されます。(雨天決行)
イベントの数々…
 ◆いけばなプロムナード
 京の各流派家元等の大型花器による華麗な作品が灯りと花の路を彩ります。
 ◆幽玄の川
 円山公園内の小川のせせらぎ一面を活用し幻想的な情景を演出。
 ◆現代いけばな展
 京都いけばな協会の協力による壮大な作品の競演。
 ◆火の用心・お囃子組
地元の学童が火の用心をテーマにしたわらべ唄を歌い、拍子木・鉦・太鼓を交えたお囃子を奏でながら練り歩きます。
 
《 特別拝観ライトアップ 》 
青蓮院、知恩院、八坂神社、大谷祖廟(参道)、大雲院(祇園閣)、高台寺、圓徳院、法観寺(八坂の塔)、清水寺 
 
お問合せ:京都・花灯路推進協議会 TEL 075(212)8173
詳細はこちら<<

花街 春のをどりのトップを切って!

第58回 北野をどり

images 

日  時:3月25日(木)〜4月7日(水)
場  所:上七軒歌舞練場
内  容:上七軒歌舞会の舞踊公演。温習会が発展して始まりました。他の「をどり」より、やや小規模ですが、渋さが身上で、その味わい深さは定評があります。昭和27年の第1回の開幕日に倣い、平成22年度からは北野天満宮の縁日「25日」の開幕となります。
予定演目:三番叟、俗曲十二段返し、舞妓による舞、フィナーレ:上七軒夜曲
開演時間:13:30、16:00
料  金:入場料(お茶席券付) 4,500円 ・ 入場料 4,000円
お問合せ:【上七軒歌舞練場】TEL 075(461)0148
交  通:上京区北野上七軒 市バス50「上七軒」

春の嵯峨野 峡谷の旅

トロッコ列車の旅 始動!

images

日  時:3月1日(月)〜12月29日(水)
※水曜日(祝日は除く)が運休の期間もあります。ご確認下さい。
場  所:保津川渓谷 嵯峨野〜亀岡
内  容:冬の間(12月30日〜2月末日)運休していたトロッコ列車が春の風に乗り運転を再開します。全長7.3kmの列車の旅は保津峡の渓谷美を満喫できる旧山陰本線の嵯峨〜亀岡間。8つのトンネルを抜けるたびに風景が移り変わり、萌黄色と陽光の中、乗客の歓声が響きます。
  
トロッコ嵯峨野駅からトロッコ亀岡駅
  
走行距離:7.3km
  
所要時間:約25分
運  賃:大人600円(片道) 小人300円(片道)
お問合せ:【嵯峨野観光鉄道(株)】TEL 075(861)7444(テレフォンサービス)
交  通:JR嵯峨野線「嵯峨嵐山」
保津川下り 川開き

images

日  時:3月10日(水)
※ 定期船は平日9:00〜14:00の間、1時間毎運行
  最終15:30運行。土・日・祝日は不定期運行
場  所:保津川 亀岡〜嵯峨・嵐山
内  容:保津川下りは亀岡から京都の嵐山まで16kmの渓谷を約2時間で下るスリルに富んだ豪快な船下りです。この日、イベントや花飾船で「川開き」を祝い、臨時船などが繰り出されます。また、冬期お座敷暖房船も終わり、営業時間も長くなり、便数も増えます。保津川下りは歴史も古く、激流を下る楽しさでも日本有数の川下りです。(※10名以上の団体は予約が必要です。)
料  金:大人3,900円 小人2,500円
お問合せ:【保津川遊船企業組合】TEL 0771(22)5846
交  通:JR嵯峨野線「亀岡」 お問い合わせ:保津川遊船企業組合

第44回 京の冬の旅

  
日  程:2010年3月22日(月・祝)まで開催中
◆非公開文化財特別公開〜幕末と世界遺産に出会う冬〜 14箇所
◆定期観光バス特別コース
◆京都の奥深い上質な魅力に出会う 観光プラン 京都「千年の心得」
◆京の冬の食文化キャンペーン 食遊菜都2010・冬
◆京の冬の旅 キャンペーンイベント
  
お問合せ:京都市観光協会 TEL 075(752)0227

トピックス

春の特別展・特別公開

● 洛 中 ●
門跡尼寺 春の人形展

images

日  時:1月9日(土)〜4月3日(土)
場  所:宝鏡寺
内  容:室町時代創建、歴代皇女が住持となった門跡尼寺恒例の春の特別展。例年、孝明天皇寵愛の人形をはじめ、御所人形や内裏雛などが公開されます。本堂に並べられた人形は見る人の心を幼い頃の郷愁の世界へと誘います。その他にも、日野富子御木像や、門跡尼寺にふさわしい雅やかな襖絵、庭園など見処は多数。  3月1日(日)には雛祭も行われます。
拝 観 料:600円
お問合せ:【宝鏡寺】TEL 075(451)1550
交  通:上京区寺之内通堀川東入ル 市バス9「堀川寺ノ内」
春の特別拝観
日  時:3月24日(水)〜6月4日(金)(予定)
場  所:相国寺
内  容:法堂、方丈、浴室などを見学。
※(予告なく拝観停止場合有)
拝 観 料:800円
お問合せ:【相国寺】TEL 075(231)0301
交  通:上京区今出川通烏丸東入ル 地下鉄烏丸線「今出川」
「宝物館」春の特別公開
日  時:3月20日(土)〜5月25日(火)
場  所:東寺
内  容:東寺は東寺真言宗の総本山。密教美術の宝庫です。
拝 観 料:500円(宝物館)
お問合せ:【東寺】TEL 075(691)3325
交  通:南区九条町 近鉄京都線「東寺」
● 洛 東 ●
青蓮院門跡「好文亭」の特別拝観

images 

日  時:3月21日(日・祝)〜5月5日(水・祝)の土・日・祝日
場  所:青蓮院(しょうれんいん)
内  容:旧粟田御所の青蓮院。江戸時代、後櫻町上皇の御学問所として使用されたのが好文亭です。期間中は正式なお点前を楽しんでいただけます。
拝 観 料:1,000円 (別途通常拝観料 500円必要)
お問合せ:【青蓮院】TEL 075(561)2345
交  通:東山区粟田口三条坊町 市バス5「神宮道」
春の特別展
日  時:3月13日(土)〜5月5日(水・祝)
場  所:高台寺
内  容:北政所ゆかりの寺宝を多く所蔵。桃山美術の傑作といわれる高台寺蒔絵の調度品は、その代表といえるもの。
拝 観 料:600円
お問合せ:【高台寺】TEL 075(561)9966
交  通:東山区高台寺下河原町 市バス206「東山安井」
春の特別展
日  時:3月13日(土)〜5月5日(水・祝)
場  所:圓徳院
内  容:秀吉が築城した伏見城の化粧殿を移築。長谷川等伯の襖絵や、見事な庭園もゆっくりと鑑賞。
拝 観 料:500円
お問合せ:【圓徳院】TEL 075(525)0101
交  通:東山区高台寺下河原町 市バス206「東山安井」
● 洛 北 ●
春の特別公開
日  時:3月22日(月・休)〜5月5日(水・祝)
場  所:大徳寺塔頭 黄梅院
内  容:本堂、庫裡、唐門は重要文化財。特に庫裡は日本の禅宗寺院において現存する最古のもの。
拝 観 料:600円
お問合せ:【京都春秋事務局】TEL 075(231)7015
交  通:北区紫野大徳寺町 市バス206「大徳寺前」
● 洛 西 ●
春の特別公開

 images               images 

日  時:3月20日(土)〜5月16日(日)
場  所:天龍寺塔頭 弘源寺
内  容:細川家ゆかりの本堂から見事な嵐山の景観が望めます。竹内栖鳳の日本画や毘沙門天立像(重文)などの寺宝を公開。予約制で法話を聞くことができます(法話は団体のみ、要別途料金)。
拝 観 料:500円 (宝厳院との共通拝観券は900円)
お問合せ:【弘源寺】TEL 075(881)1232
交  通:右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町 市バス28「嵐山天龍寺前」
庭園公開
日  時:3月20日(土)〜5月31日(月)
場  所:宝厳院
内  容:江戸時代の名所案内「都林泉名勝図会」に紹介された名庭。嵐山を借景とする「獅子吼(ししく)の庭」は格別な趣があります(法話は団体のみ、要別途料金)。
拝 観 料:500円 (弘源寺との共通拝観券は900円)
       ※本堂拝観は別途料金要
お問合せ:【宝厳院】TEL 075(861)0091
交  通:右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町 市バス28「嵐山天龍寺前」
富岡鉄斎展
日  時:3月21日(日・祝)〜5月5日(水・祝)
場  所:車折神社 (くるまざきじんじゃ)
内  容:その飽きぬ魅力から今もってファンの多い富岡鉄斎。車折神社の宮司でもあった鉄斎の作品と愛用の品々が展観されます。
料  金:1,500円 (お抹茶・お菓子・解説付)
      ※完全予約制(2名〜30名迄) 詳細は車折神社へお問い合せ下さい。
お問合せ:【車折神社】TEL 075(861)0039
交  通:右京区嵯峨朝日町 京都バス71・72・73「車折神社前」、嵐電 嵐山本線「車折神社」
椿の開花に合わせて  「花の天井」春の特別拝観

images  images images 

日  時:3月12日(金)〜5月16日(日) 10時〜16時(15時30分受付終了)
場  所:平岡八幡宮
内  容:江戸期に描かれたという神殿天井の44枚の極彩色の花絵が公開されます。
拝 観 料:600円 (縁起書、大福茶付)
お問合せ:【平岡八幡宮】TEL 075(871)2084
交  通:右京区梅ケ畑宮ノ口町 JRバス「平岡八幡前」
● 洛 南 ●
霊宝館の特別公開
日  時:3月中旬〜5月上旬(予定)
場  所:醍醐寺
内  容:桜の時期に合わせ、霊宝館が特別に公開されます。
拝 観 料:600円
       1,000円(三宝院・金堂・霊宝館 2カ所共通参拝券)
       1,500円(三宝院・金堂・霊宝館 3カ所共通参拝券)
お問合せ:【醍醐寺】TEL 075(571)0002
交  通:伏見区醍醐東大路町 地下鉄東西線「醍醐」

花灯路に始まる
夜間特別拝観とライトアップ

青蓮院 夜の特別拝観

images 

日  時:3月13日(土)〜22日(月・休) 4月24日(土)〜5月5日(水・祝) 18時〜21時(受付終了)
場  所:青蓮院
拝 観 料:800円
お問合せ:【青蓮院】TEL 075(561)2345
交  通:東山区粟田口三条坊町 市バス5「神宮道」
将軍塚大日堂庭園

images 

日  時:3月27日(土)〜4月11日(日) 日没〜21時(受付終了)
場  所:将軍塚大日堂
拝 観 料:大人500円
お問合せ:【将軍塚大日堂庭園】TEL 075(771)0390
交  通:山科区厨子奥花鳥町 東山ドライブウェイより
友禅苑の夜間特別拝観
日  時:3月13日(土)〜22日(月・休) 17時30分〜21時
場  所:知恩院
拝 観 料:500円
お問合せ:【知恩院】TEL 075(531)2111
交  通:東山区林下町 市バス206「知恩院前」
高台寺ライトアップ
日  時:3月13日(土)〜5月5日(水・祝) 日没〜21時30分(受付終了)
場  所:高台寺
拝 観 料:600円(茶席あり・有料)
お問合せ:【高台寺】TEL 075(561)9966
交  通:東山区高台寺下河原町 市バス206「東山安井」
圓徳院ライトアップ
日  時:3月13日(土)〜5月5日(水・祝) 日没〜21時30分(受付終了)
場  所:圓徳院
拝 観 料:500円
お問合せ:【高台寺 圓徳院】TEL 075(525)0101
交  通:東山区高台寺下河原町 市バス206「東山安井」
清水寺 夜の特別拝観
日  時:3月13日(土)〜4月11日(日) 18時30分〜21時30分(受付終了)
場  所:清水寺
拝 観 料:400円
お問合せ:【清水寺】TEL 075(551)1234
交  通:東山区清水 市バス206「清水道」

桜のライトアップ

二条城ライトアップ
日  時:3月19日(金)〜4月11日(日)
      日曜〜木曜 18:00〜21:30(最終入城21:00)
      金曜〜土曜 18:00〜22:00(最終入城21:30)
場  所:二条城
内  容:城内一円の山桜、桜の園の里桜、清流園東側の八重紅枝垂桜など約200本の多彩な桜と庭園がライトアップされ、幽玄の世界を創出。
入 城 料:400円 小中高生200円 ※和装の方は入城無料
お問合せ:【元離宮二条城】TEL 075(841)0096
交  通:中京区二条通堀川西入ル 市バス9「二条城前」
円山公園ライトアップ
日  時:3月上旬〜4月中旬(予定) 日没〜午前1時
場  所:円山公園
内  容:しだれ桜の廻りのかがり火が焚かれるのは3月末からの2週間の予定です。
お問合せ:【円山公園管理事務所】TEL 075(561)0533
交  通:市バス206「祇園」
平野神社のライトアップ
日  時:3月20日(土)〜4月25日(日)(予定)
場  所:平野神社
内  容:桜、桜、桜の園の境内は夜毎、訪れる人々で賑わいます。
お問合せ:【平野神社】TEL 075(461)4450
交  通:北区平野宮本町 市バス50・205「衣笠校前」
中之島公園ライトアップ
日  時:3月20日(土)〜4月11(日) 日没〜22時
場  所:嵐山中之島公園
内  容:京都を代表する景勝地嵐山の闇の中に浮かぶ“しだれ桜”は見事です。
拝 観 料:
お問合せ:【嵐山保勝会】TEL 075(861)0012
交  通:市バス28「嵐山公園」

イベント情報

『つり雛(びな)展』〜母から子へ 祖母から孫へ心を伝える〜
日  時:2月25日(木)〜3月3日(水) 9時〜17時
場  所:法住寺
内  容:伊豆地方の風習で、天井からいろいろな縁起物を吊るすつり雛。おばあちゃんの手づくりのつり雛が、書院にて展示されます。
拝 観 料:500円
つり雛展:300円
お問合せ:【法住寺】TEL 075(561)4137
交  通:東山区三十三間堂廻り町 市バス「三十三間堂前」「東山七条」
第46回 京都大アンティークフェア

images

日  時:3月19日(金)〜21日(日・祝) 10時〜17時
場  所:パルスプラザ大展示場
内  容:全国からの出店数は350店。名実共に規模も大きな骨董市です。骨董・アンティークは150万点以上にもなり、遠くは海外のディーラーも参加。変化に富んだ内容も特徴的です。
お問合せ:【(株)吾目堂】TEL 077(522)2307
交  通:地下鉄・近鉄「竹田」より市バス18、南1・2・3「パルスプラザ前」
      ※地下鉄・近鉄「竹田」より無料送迎バス有り
      ※駐車場・大型バス無料駐車場有り
小倉餡発祥の地を顕彰
日  時:3月28日(日)
場  所:小倉山二尊院
内  容:日本で最初に小豆を栽培し、甘味餡を炊き上げたことに由来する「小倉餡発祥地顕彰式典」の開催に併設して「小倉ぜんざい」が振る舞われます。
拝 観 料:500円
お問合せ:【小倉山二尊院】TEL 075(861)0687
交  通:右京区嵯峨二尊院門前長神町 市バス28「嵯峨小学校」
「寅市 (TORA ICHI)」
日  時:3月14日(日) 10時〜16時
場  所:建仁寺 両足院内 毘沙門天堂
内  容:陶・木・硝子・革・金属・染め・紙・織・石などのジャンルの店が出店します。
お問合せ:【毘沙門天堂手作り市事務局】
交  通:東山区大和大路通四条下ル小松町 市バス206「東山安井」

他、通年行事

春桃会 しゅんとうえ
日  時:3月3日(水)
場  所:三十三間堂
内  容:三十三間堂の名前にちなんで「三」の重なる桃の節句に行われる法会で、華道池坊の献花式や瀬戸内寂聴師の青空説法など、縁日(無料公開)のみの慶祝行事が催され、限定の女性専用「桃のお守り」も授与されます。
お問合せ:【三十三間堂】TEL 075(561)0467
交  通:東山区三十三間堂廻町 市バス206・208「博物館三十三間堂前」
雛祭 ひなまつり

images 

日  時:3月1日(月)
場  所:宝鏡寺
内  容:「宝鏡寺 春の人形展」の初日には雛祭が行われ、島原の太夫のあでやかな舞の披露があります。
「宝鏡寺 春の人形展」も開催中。
拝 観 料:600円
お問合せ:【宝鏡寺】TEL 075(451)1550
交  通:上京区寺之内通堀川東入ル 市バス9「堀川寺ノ内」
関白忌
日  時:3月2日(火)
場  所:平等院
内  容:平等院の創建者で、宇治関白として知られる藤原頼通を偲んで営まれる忌日法要は宇治の春の観光シーズンの幕開けの行事です。
宝物館・鳳翔館には、豊富な収蔵物の公開はもちろんのこと、復元映像や、平安時代の仏教美術などが企画・展示されています。
拝 観 料:600円(庭園と鳳翔館の見学)
お問合せ:【平等院】TEL 0774(21)2861
交  通:宇治市宇治蓮華 京阪宇治線「宇治」、JR奈良線「宇治」
ひいな祭
日  時:3月3日(水)
場  所:市比賣神社 いちひめじんじゃ
内  容:官女の舞、十二単の着付け実演、投扇興や貝合わせが披露され、ひな茶の接待もあります。
参 観 券:1,000円
お問合せ:【市比賣神社】TEL 075(361)2775
交  通:下京区市姫通河原町西入ル 市バス 17・205「河原町正面」
雨乞祭

images 

日  時:3月9日(火)
場  所:貴船神社
内  容:雨水を司るタカオ神を祀り、降雨と五穀豊穣を祈願。ご神水と神饌を献上した後、榊の葉でご神水を天地にふりかけます。貴船神社は、鴨川の水源地にあることから、水を司る神として崇敬を集めています。
お問合せ:【貴船神社】TEL 075(741)2016
交  通:左京区鞍馬貴船町 叡山電鉄「出町柳」より 叡山電鉄鞍馬線「貴船口」
流しびな

images 

日  時:3月3日(水)
場  所:下鴨神社
内  容:神事の後、境内御手洗川で、人形を乗せた“さんだわら”を川に流して子供達の無事を祈ります。
古来より続く、厄を祓い無病息災を祈る行事。
お問合せ:【京人形商工業協同組合】TEL 075(761)3460
交  通:左京区下鴨泉川町 市バス205「下鴨神社前」
芸能上達祈願祭
日  時:3月10日(水)
場  所:虚空蔵法輪寺 こくうぞうほうりんじ
内  容:空海の弟子道昌が虚空蔵菩薩を安置し、知恵と技芸を授ける守護仏として信仰を集めています。芸の上達を願って祈願法要が行われ、また、茂山忠三郎社中による狂言奉納があります。
お問合せ:【虚空蔵法輪寺】TEL 075(861)0069
交  通:西京区嵐山虚空蔵山 市バス28「嵐山公園」、阪急嵐山線「嵐山」
青龍会
日  時:3月15日(月)〜17日(水)、4月3日(土)
場  所:清水寺
内  容:清水の舞台を法螺貝を吹き、「転法秀」を先頭に、「会奉行」「夜叉神」そして「四天王」を青龍、「十六善神」の神々が続くという大群会行の行道が境内を練り歩きます。
入 山 料:300円
お問合せ:【清水寺】TEL 075(551)1234
交  通:東山区清水 市バス206「清水道」
古渓忌 こけいき

images 

日  時:3月17日(水) 9時〜15時30分受付終了
場  所:大徳寺塔頭 大仙院
内  容:庭園は枯山水を代表する石庭。千利休と関わりの深かった三代古渓和尚を偲んで、茶室茶室 カ 亭(かてい)にて薄茶の奉仕が行われます。一般の見学者も自由に参加できます。
拝 観 料:400円
薄  茶:1,000円
お問合せ:【大仙院】TEL 075(491)8346
交  通:北区紫野大徳寺町 市バス206「大徳寺前」
元政上人忌(げんせいしょうにんき) と 法華懺法会(ほっけせんぽうえ)
日  時:3月18日(木)
場  所:瑞光寺(ずいこうじ)
内  容:開山元政上人の命日。詩文が巧みな文人であった元政上人を偲び、法要と遺品展が催されます。詩文に興味を持つ人には絶好の機会。
拝 観 料:500円 (当日のみ)
お問合せ:【瑞光寺】TEL 075(641)1704
交  通:伏見区深草坊町 京阪電車「深草」
和泉式部忌
日  時:3月21日(日・祝)
場  所:誠心院(和泉式部寺)
内  容:式部の命日で、法要の前に式部に因んだ謡曲「東北」、「誓願寺」が本堂内で奉納されます。境内には和泉式部の供養塔があり、式部ゆかりの屏風が特別に公開されます。
お問合せ:【誠心院】 TEL 075(221)6331
交  通:中京区新京極通六角下ル 市バス5・17・205「四条河原町」、京阪電車「祇園四条」
千本釈迦念仏
日  時:3月22日(月・休)
場  所:千本釈迦堂
内  容:念仏は室町期に始められたと伝えられ、釈迦の「遺教経」を千本式の唱え方で奉誦するもので、本堂内には僧侶が歌唱する声明が静かに流れます。
拝 観 料:500円
お問合せ:【千本釈迦堂】TEL 075(461)5973
交  通:上京区七本松通今出川上ル 市バス50「上七軒」

お寺さん 春の開帳 涅槃会


  
3月に入ると各寺院で釈迦入滅のときの有様を絵にしたという涅槃図を掲げ、法会が行われます。公開される涅槃図は日本最大の物あり、極彩色あり、紙本着色ありと、それぞれ京の寺ならではの特色があります。
  
真如堂涅槃会法要と涅槃図公開
日  時:3月1日(月)〜31日(水)
場  所:真如堂 しんにょどう
内  容:15日が涅槃会法要で、1日から31日の9時〜16時まで涅槃図が公開されます。涅槃図は南北朝時代に描かれたもので縦180cm、横125cmの、兆殿司作の図です。
拝 観 料:600円(入山料込)
お問合せ:【真如堂】TEL 075(771)0915
交  通:左京区浄土寺真如町 市バス5「真如堂前」
泉涌寺涅槃会
日  時:3月14日(日)〜16日(火)
場  所:泉涌寺 せんにゅうじ
内  容:一般公開される大涅槃図は紙本極彩色で、大きさは、縦16m、横8mの日本最大。江戸中期に明誉古 カン 上人が描いたものです。
涅槃会法要は15日。
拝 観 料:500円
お問合せ:【泉涌寺】TEL 075(561)1551
交  通:東山区泉涌寺山内町 市バス208「泉涌寺道」
東福寺涅槃会

images 

日  時:3月14日(日)〜16日(火)
場  所:東福寺
内  容:大涅槃図の開帳は本堂で行われ、その大きさは縦約12m、横約6.5m。室町時代の著名な画家明兆の作によるもので、大きさ、画風の素晴らしさで有名です。
国宝の三門公開
拝 観 料:500円
龍吟庵も特別公開
大涅槃図の開帳が行われる期間、特別に公開されます。
龍吟庵 国宝の方丈と庭園
拝 観 料:400円
お問合せ:【東福寺】TEL 075(561)0087
交  通:東山区本町 JR奈良線・京阪電車「東福寺」
涅槃会と嵯峨大念仏狂言とお松明式
日  時:3月15日(月)
場  所:清凉寺
内  容:嵯峨大念仏狂言は京の三大念仏狂言の一つで、自由に鑑賞できます。涅槃会法要の後、お松明式が行われます。
嵯峨お松明式は、京都でも最も古い行事のひとつで、釈迦を荼毘に付したときの有様を再現したものだといわれています。
拝 観 料:特別に無料(当日以外は400円)
お問合せ:【清凉寺】TEL 075(861)0343
交  通:右京区嵯峨釈迦堂藤ノ木町 京都バス71・72「嵯峨釈迦堂前」
本法寺涅槃図公開
日  時:3月15日(月)〜4月15日(木) 10時〜16時
場  所:本法寺
内  容:1長谷川等伯の涅槃図(重文)は、縦10m、横6mという規模を誇ります。光悦作の「三つ巴の庭」は国の名勝となっています。
拝 観 料:500円(寺の行事のある時は休止)
お問合せ:【本法寺】TEL 075(441)7997
交  通:上京区小川通寺之内上ル本法寺前町 市バス9「堀川寺ノ内」

3月の花

梅…見ごろは3月上旬頃ですが、その年の気候によって違いがあります。

北野天満宮

images 

見  頃:2月下旬〜3月中旬
内  容:梅をこよなく愛した菅原道真を祀る神社は、京都きっての梅の名所。約2000本の梅が植えられていて、種類も花の色も、豊富。名物の老梅は1月に入ると見られ、2月上旬頃から早咲きの梅が咲き、3月いっぱい楽しめます。
入 苑料 :600円(茶菓子付)
お問合せ:【北野天満宮】TEL 075(461)0005
交  通:上京区馬喰町 市バス50「北野天満宮前」
京都御苑

images 

見  頃:2月中旬〜3月中旬
内  容:蛤御門の南側、250本近くの咲き揃いは見事です。
お問合せ:【京都御苑菅理事務所】TEL 075(211)6348
交  通:上京区京都御苑 地下鉄烏丸線「今出川」
二条城

images 

見  頃:2月中旬〜3月上旬
内  容:本丸御殿の南西にある梅苑は130本。どちらかというと遅咲き気味。
入 城 料:600円(梅苑:無料)
お問合せ:【元離宮二条城】TEL 075(841)0096
交  通:中京区二条通堀川西入二条城町  地下鉄東西線「二条城前」、市バス9・50「二条城前」
勧修寺 かじゅうじ
見  頃:2月上旬〜下旬
内  容:「臥竜の老梅」と呼ばれる梅は江戸時代に京都御所から移植されたもの。
拝 観 料:400円
お問合せ:【勧修寺】TEL 075(571)0048
交  通:山科区勧修寺仁王堂町 地下鉄東西線「小野」
隨心院
見  頃:3月中旬〜下旬
内  容:広大な境内に小野梅園(紅梅200本)があり、「はねずの梅」として親しまれ、八重の愛らしい花姿が驚くほどあでやかです。
入 園 料:400円(梅園)
お問合せ:【隨心院】TEL 075(571)0025
交  通:山科区小野御霊町 地下鉄東西線「小野」
しょうざん庭園

images 

見  頃:3月上旬〜3月中旬
内  容:手作りの広大な日本庭園の梅苑では3月6日〜14日に「梅見の宴」が催されます。
入 園 料:480円
お問合せ:【しょうざん】TEL 075(491)5101
交  通:北区衣笠鏡石町 地下鉄烏丸線「北大路」より 市バス北1「土天井町」
梅宮大社

images 

見  頃:2月中旬〜3月中旬
内  容:約35種、550本の梅が白、紅と咲き揃い、3月7日には梅産祭(うめうめまつり)が催されます。
拝 観 料:500円(庭園)
お問合せ:【梅宮大社】TEL 075(861)2730
交  通:右京区梅津フケノ川町 市バス28「梅ノ宮神社前」
常寂光寺
見  頃:2月中旬〜3月中旬
内  容:約35種、550本の梅が白、紅と咲き揃い、3月7日には梅産祭(うめうめまつり)が催されます。
拝 観 料:500円(庭園)
お問合せ:【梅宮大社】TEL 075(861)2730
交  通:右京区梅津フケノ川町 市バス28「梅ノ宮神社前」

椿

等持院
見  頃:2月中旬〜3月中旬
内  容:ラッパ咲きで淡桃色の有楽椿(ウラクツバキ)は樹齢400年以上の見事なもの。
拝 観 料:500円
お問合せ:【等持院】TEL 075(461)5786
交  通:北区等持院北町 市バス26「等持院道」
地蔵院(椿寺)
見  頃:3月下旬〜4月中旬
内  容:「五色散り椿」が咲く寺として名高く、「椿寺」と呼ばれています。現在は2世。それでも樹齢120年とか。見応え十分の名椿です。(16時閉門)。
お問合せ:【地蔵院】TEL 075(461)1263
交  通:北区一条通西大路東入ル 市バス50・205「北野白梅町」
退蔵院
見  頃:3月下旬〜4月中旬
内  容:妙心寺の塔頭。藪椿15本程が咲き揃う。
拝 観 料:500円
お問合せ:【退蔵院】TEL 075(463)2855
交  通:右京区花園妙心寺町 市バス・京都バス「妙心寺前」、JR嵯峨野線「花園」、嵐電 北野線「妙心寺」
平岡八幡宮
見  頃:3月中旬〜4月上旬
内  容:樹齢200年を越える古木が数多くあります。
お問合せ:【平岡八幡宮】TEL 075(871)2084
交  通:右京区梅ケ畑宮ノ口町 JRバス「平岡八幡」
鹿王院(ろくおういん)
見  頃:3月下旬より
内  容:藪椿20〜30本が杉苔で覆われた平庭式枯山水庭園と同時に鑑賞できます。
拝 観 料:300円
お問合せ:【鹿王院】TEL(861)1645
交  通:右京区嵯峨北堀町 JR嵯峨野線「嵯峨嵐山」、嵐電 嵐山本線「鹿王院」

平野神社

images 

内  容:平野神社には約50種、400本ほどの桜があり、仁和寺の桜が「御室の桜」と呼ばれているのに対して「平野の桜」と呼ばれる名所です。「桃桜」が3月中旬頃から咲き、すぐそのあとに「さきがけ桜」が続くといった具合に品種が多いために4月中頃まで咲き継ぎます。
お問合せ:【平野神社】TEL 075(461)4450
交  通:北区平野宮本町 市バス50・205「衣笠校前」

花を愛でるイベント

はねず踊りと観梅
日  時:3月28日(日)  11時、12時30分、13時30分、15時(予定)
場  所:隨心院
内  容:遅咲きのはねずの梅が咲きほこる中、「はねず」(白色を帯びた紅色の古名)色の衣装と菅笠の小町と少将に扮した少女達の童唄と踊りは、訪れた人々を魅了します。
早春の「はねず」の咲くころ、その老いの身も忘れたように里の子たちと遊び、楽しい日々を過ごしたという小野小町。梅の花が咲く頃になると、里の子供たちの間では小町を偲んで童唄がうたわれてきたと伝われています。当日4回行われ、前日(27日)には奉納舞が舞われます。
拝 観 料:当日1,000円(通常400円)
お問合せ:【隨心院】TEL 075(571)0025
交  通:山科区小野御霊町 地下鉄東西線「小野」
枝垂梅と椿まつり
日  時:2月18日(木)〜3月21日(日・祝)
場  所:城南宮
内  容:城南宮の神苑・楽水苑では、「源氏物語」に登場する100余種の草木が四季を装います。神苑内の“春の山エリア”に植栽された150本余の紅白のしだれ梅が2月下旬より咲き揃い、後を追うように300本ものさまざまな椿の花が開花。日毎に春めくお庭はたくさんの人で賑わいます。
※毎日10時と14時には神職の案内もあります。
拝 観 料:500円
お問合せ:【城南宮】TEL 075(623)0846
交  通:伏見区中島鳥羽離宮町 地下鉄「竹田」より 市バス南1・2・3「城南宮東口」
椿を愛でる会
日  時:3月12日(木)〜4月18日(日)
場  所:平岡八幡宮
内  容:源氏、足利、上杉、織田、豊臣、徳川と愛でられてきた椿の名所で、「願い事をすると白い花の白玉椿が一夜で花開き、願いが成就した」という白玉椿伝説があります。境内には樹齢200年を越える古木が数多く自生。ひとつ、ひとつは愛らしく、それでいて境内いっぱい豪華に咲き誇り、訪れる人々を迎えます。
椿の開花具合についてはお問い合せください。
お問合せ:【平岡八幡宮】TEL 075(871)2084
交  通:右京区梅ヶ畑宮ノ口町 JRバス「平岡八幡」
【バックナンバー】
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2008年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※このページに掲載されております情報は
社団法人 京都市観光協会「きょうと情報版」情報紙の内容を引用しております。

 

宿泊約款会社案内プライバシーポリシー | リンク
京の宿 坂の上
〒605-0072 京都市東山区祇園下河原鷲尾町502  TEL:(075)561-1148 FAX:(075)531-9770
Copyright(C) SAKANOUE All Rights Reserved.
ホテル 佐野家 旅館 若みや