コンセプト

伝統が息づく京の宿

当館「坂の上」は
賑やかな花街・祇園のすぐそばにありながらも、
落ち着いた京情緒も感じられる立地にあります。
館内を見渡すと日本建築の魅力が至るところで光り、そ
のひとつひとつに職人の技と想いが込められています。
お部屋に置いてある花器やお軸などの調度品は、
上質な和の空間に合うものを選んでいます。
日本固有の文化である「旅館」の良さを、
すみずみまで愉しんでいただきたいという思いから、
とことんまでこだわっているのです。
夜は、窓を開けていても車の騒音や人々の話し声は
聞こえません。
心地の良い静けさの中、
1日の余韻に浸るのも「坂の上」で過ごす
醍醐味のひとつと言えます。

古都の魅力を堪能する

京都の東山エリアといえば八坂神社に高台寺周辺、清水寺などその他にも有名な観光地が数多く集まっています。当館「坂の上」の目の前の路地は「ねねの道」に繋がっており、高台寺周辺の散策にもすぐの場所です。暗くなると、八坂の塔はライトアップされ、街灯に照らされた石畳がレトロな京都の夜を創り出します。京のまち歩きは昼と夜で違った雰囲気を味わうことができます。

文化を知り、歴史を学び、京都を遊ぶ。
当館は、数々の観光スポットがすぐ近くにあり周辺だけでも充分に京都の良さをご堪能いただけます。

企業理念

当社は、『誠意、熱意、創意』の三意主義を信条として、顧客、旅行斡旋業者のご指導のもと、急速に増大する旅行需要、多様化を極める旅行ニーズに応える為、体質改善、投資、資金効率の向上をはかり、サービスの向上を目指し、一般宿泊、各種ご宴会、会議の設備をもって、精力的に取り組んでいます。尚、当社現在地の地縁としては、今をさかのぼる明治17年、東京遷都後の「京都おこし」の場として、当時の経済人が夢を託した現在の京都証券取引所の前身・京都株式取引所の創設時の跡地であります。

名前の由来

「坂の上」のはじまり

東大寺長老 清水公照師より、京の中の京「たたずまい」といった清水・高台寺周辺の優雅な坂道と、清水寺の始まりにゆかりの深い「 坂上田村麻呂公 」が頭に浮かんだことから”京料理・京の宿「坂の上」”と命名していただきました。

企業情報

Facebookもチェック

京の古き良きを大切に守る
こだわりづくしのお宿
坂の上